ランニングでお腹の脂肪を落とすことができない場合があるのはなぜですか?

秋にランニングの練習をする人々

そよ風のようです。靴を履き、走りに行って出来上がり…体重計の針が毎週少し後退し始めます。 しかしながら、 ランニングでおなかの脂肪を失うのは難しい人もいます。 これは、体内に耐性脂質の蓄積として知られているものがあるためです。 その場合は、これらの変更をランニングルーチンに含めると、お腹が平らになるという目標を達成するのに役立ちます。

ランナーが数週間のトレーニングを行っても希望の体重を減らさない場合、それは多くの場合、十分なカロリーを消費していないことが原因です。 そう トレーニングを長くすることを検討してください より多くのカロリーを燃焼し、おなかの脂肪を失うために。

多くの人がランニングで結果を見るのを妨げるもう一つの間違いは、強度の欠如です。 ランニングで体重を減らして腹を平らにするために、怠惰になることはできませんが、レース全体を良いペースで走り、足だけに力を入れないようにする必要があります。 定期的に膝を高くして走る それは頑固な脂肪が沈着する傾向があるあなたの腹筋に余分な仕事をします。

上記のすべてを実行しても、ランニングでおなかの脂肪を取り除くことができない場合は、お勧めします あなたがあまりにも多くのカロリーを消費していないかどうかを確認するためにあなたの食事療法を調べてください。 必要だと思われる場合は、栄養士に相談して、自分に最適な食事を確認してください。 一般に、バランスの取れた食事をとり、週にXNUMX回以上走ることで、体重を減らすか、すでに理想的な体重に達している場合は体重を維持するのに十分です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。